中古ドメインを使った方がいい場面とは

- 中古ドメインを使った方がいい場面とは

中古ドメインを使った方がいい場面とは

あなたは、中古ドメインを聞いたことありますか。
中古だとすでに利用されていた経験があるので、その経験を活かすと多くのメリットを受けれるかもしれません。
中古と聞くと大丈夫なのか、どうやって利用するんだと気になる人や不安にもなるかもしれません。
新規ドメインのほうが安心できると思うかもしれません。
ここでは、新規と中古でのそれぞれ使った方がいい場面を見ていきましょう。

新規ドメインを使った方がいい場面とは

新規ドメインを使った方がいい場面もあるのです。
それを中古のドメインと使い分けるといいのです。
新規ドメインを使うこととして、まずは商品やサービスを販売するサイトです。
もちろん、商品やサービスを売り込むときに中古のドメインを使って、それがペナルティをくらっていたり、またページランクが低くて検索上位来なかったりすると損します。
また、ひどくなると検索結果の除外されてしまうことがあります。
そのときには、Googleから警告を受けとります。
もし、除外の警告を受け取ったら改善は可能ですが、中古から新規ドメイン扱いに変更になるので、中古のメリットをうけれなくなります。

このようなこともあり、中古の影響を受けるのは納得できませんから、新規ドメインを使った方がいいのです。
また、個人で特に検索にこだわらないのであれば、新規の方がいいのです。


中古ドメインを使った方がいい場面とは

中古ドメインが使った方がいいのはアフィリエイトとサテライトサイトでしょう。
個人でアフィリエイトで中古をメインとして使っても、まだリスクは少ないでしょう。

また、企業や団体などの場合、サテライトサイトとしてメインサイトへと飛ばすようにするときに中古でもいいのです。
どちらにしろ人を集めやすくなりますし、ペナルティなどがあってもサテライトサイトならば、リスクはまだ軽減できるでしょう。

最後に

新規と中古でそれぞれ使い分けたほうがいいのです。
さらに個人や企業や団体でもそれぞれ使い分けたほうがいいでしょう。
その時にはリスクも考えておいたほうがいいでしょう。