警告されたときの対処法

- 警告されたときの対処法

警告されたときの対処法

中古ドメインを使ってみると、メリットを受けることもできます。
ページランクや被リンクにより検索結果の上位進出があり、それを期待して、中古ドメインを使う人や企業も増えています。
また、サテライトサイトにして、ドメインの規模を広げたり、多くの人に発信したいメッセージを拡散することもできます。
中古ドメインだと、デメリットもありますが、そのリスクをうまく抑えて、メインサイトと連動することも可能です。
中古のドメイン販売サイトをみるとたくさんのドメインがあることからも需要が高いことをうかがえます。

中古のドメインを使っていたら

中古を使っていたら、Googleの検索結果から除外されています、コンテンツを検索結果から除外していますといった警告を受け取ったという話もあります。
いきなりこれを見たら大抵の人は驚くでしょう。
しかも、除外というのは本当にショックを受けるでしょう。
だって、中古のドメインのメリットを受けていないことになるからです。
検索した結果にせっかく利用している中古のドメインが表示されないということになります。
これは現在のドメインの内容が問題というわけではありません。
その前の時点で何かしらのペナルティが加わっていたということになります。
つまり、中古のドメインはページのランクや被リンクなどを受け継ぎますが、その一方でペナルティなど悪いことも引き継いでいるのです。


再審査リクエストを送ろう

もし、中古のドメインを使って警告を受け取ったら、再審査リクエストを送りましょう。
Googleウェブマスターツールを使って、再審査リクエストを送りましょう。
中古のドメインの所有者変更を伝えます。
その結果としては、これまでの中古のドメインのメリットがリセットされてしまいます。
しかし、それよりかは警告を解除したほうがいいのです。

最後に

警告をもらう前に、やはり購入時に警告やペナルティなど問題がないかチェックしておくことです。
それがないと、このようなことになります。
気をつけましょう。